Beauty

スポンサーリンク

大好きなコスメたち

IMG_5399

コスメを選ぶときに心がけていること

大好きなコスメたちを眺めています。
身体の本質的な部分を底上げして
輝かせてくれるオーガニックコスメをはじめ、
植物の力と科学の力が融合した高機能コスメ。

どちらもわたしにとって肌バリアを
高めてくれるとても大切なアイテム。
物心ついた頃から母の化粧箱をそうっと開けて
チークやリップをつけるのが好きでした。
今こうしてコスメが大好きなのも
母の影響があるのかも知れません。

わたしがコスメを選ぶときに心がけていることは、

みずみずしく美しい艶とハリを引き出し
どこかに程よい気だるさや脱力が出る
アイテムを選んでいます。

 

その時々に応じてメイクのコンセプトを変えて

お仕事先に自分でメイクをする日も少なくありません。
そんな時は衣装やヘア、時間やライティングなど
その時々に応じてメイクのコンセプトを変えて
楽しむようにしています。
オフの日は基本パウダリーはほとんど使わず
ベースはやさしく肌にピタッと吸い付く
リキッドタイプのファンデーションを極薄で
つけ、ハイライトもクリームタイプを使用します。
日本人の肌になじみやすい胴色のハイライトを
目元のCライン、口角ライン、Tゾーンにつけ
チークは血色カラーのクリームタイプ。

シミや吹き出物がどうしても気になるときは
プレストパウダーを使います。
プレストパウダーはよくお直しでよく使われる
アイテムですが、
ベースで使うパウダーファンデーションと
比べると粉の粒子が非常に細かく作られていて、
気になる小鼻の毛穴やちょっとした吹き出物、
シミをカバーするのにとても優れています。

カバーの仕方はパフの端をつまみ
プレストパウダーに直接くるくるつけて
ポンポンと気になる部分をおさえるだけ。
隠したくて伸ばしたいけどここはがまん、
伸ばして重ねてを繰り返すと、
肌本来が内側から発する輝きを
曇らせてしまうのでもったいない。
ここはやさしくおさえるだけで良いんです。

 

賢く計算しながらメイクを楽しむ

年齢を重ねていくごとに、
メイクも重ねる必要はあまりないのでは
ないかと感じます。
でもそれは決して(手抜き)をしているわけではなく、
賢く計算しながらメイクを楽しむ。
子育てにもつながると思うのですが、
親が子どもたちにどこまで干渉するのかと
似ているような気がします。

あれもしてこれもして… と、
足し算してしまうとどこかが不自然に
見えてしまったり老けてしまったり。
メイクもどこを引き出すかの引き算に
よって肌本来の内側から発する輝きを
出すことが出来るのではないかと感じます。
月のリズムもあり女性のサイクルって
とても神秘的。
落ち込みやイライラも含め
そんな自分も包み込んで毎日を
楽しく過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク

Works

テレビ、ラジオ、雑誌のお仕事のお知らせや 雰囲気などお伝えしています。
Works
Beauty

Beauty

仕事そしてプライベートでのお気に入りコスメなどを紹介していきます。

Family

にぎやかで楽しい5人家族の日常や感じたことなどの日記です。
Family